飲食についての注意事項

最近、イベントで見知らぬ方から「自宅で作ったお菓子やジャムを売りたいのだけど・・・」
「自宅で営業許可を取るにはどうすればいい?」

「お菓子を作るのが得意で、こういうイベントで販売したーーい」などのご意見が増えました。

 


基本的には、自宅で作ったものを販売する場合(注文製造でも直売でも委託でも卸でも)
以下のことをすれば出来ます。
(販売せずに無料でプレゼントするなら営業とはみなされず、許可は不要。)

・施設基準を満たした専用の工房(自宅台所とは別の)を設けて保健所の営業許可を取得する
・食品衛生責任者の資格を取得する(1日講習を受けるだけ)
・1年に2回検便する
・1年に1回食品衛生講習会を受講する
・計り売りや店頭販売じゃない場合(一般的なパン屋さんなど)、
 基準に従った原材料、賞味期限等の表示ラベルを添付する

 

 

詳しくはこちらの菓子製造許可証のサイトをご覧ください。

 

 

飲食販売出展者は、出店及び食品・販売行為に関連して発生した事故•苦情などの全ての責任を負っていただきます。

 

(1)出展者は菓子製造許可証の資格を取っていること。

(2)出展者は衛生面に対して、最大限の努力をし、事故•苦情 等が発生しないように努めて下さい。

(3)冷蔵するものがない場合は焼き菓子のみとします。

 (冷蔵する器具は各自で用意すること)

(4)梱包は1つ1つ袋に入れて下さい。

(5)材料は必ず明記すること。

(6)必ず出展者の連絡先と名前を書いたのを入れること。

(7)申込者と出展者が違う場合は、出店をお断りします。ご 了承ください。

(8)賞味期限を記入すること。

 

菓子製造許可証のコピーを送って下さい。

それでないと出展出来ませんので、ご了承ください。